お問い合わせお問い合わせ
ページトップ

玄米コラム

アルミの害

2019/09/09

圧力なべ・ジコマチックLの秘話

 

“コジマフーズ”と“ジコマチック”には、ある逸話があります。
それは近年日本でも騒がれるようになってきた「アルツハイマー痴呆症」に関係しています。
いわゆる“ボケ”として知られているこの病気は、日本では最近ようやく知られるようになってきましたが、欧米では半世紀以上前から騒がれていて、“原因不明”と恐れられている、極めて特殊な病気だといわれています。

 

この症状に対して世界で徹底的な調査が進む中、「アルツハイマー症患者の脳には高濃度のアルミニウムが検出された」という一つの事実が報告されます。
つまり「”アルミニウム”と“アルツハイマー病”には何らかの因果関係があるのでは」という声が出てきたのです。
コジマフーズでは、粥やごはんを調理する際に圧力鍋を使用しています。日本の圧力鍋はアルミ製のものが主流で、従来はそのアルミ製のものを使用していました。
しかしこの「アルミとアルツハイマーの関係」を知り、工場内の調理器具からアルミ製のものをすべて排除することに決意したのです。
ただし、単純に「アルミから他のものに切り替える」とは言っても、容易なことではありませんでした。

 

従来の調理器具で作っていた“品質”や“味”が変わらないように、いつも通りのおいしさを保つことが最低条件であり、仮に品質が低下するようなことがあれば、せっかくの取り組みが結果的に悪い方向に向かってしまう危険もあるからです。
決意から半年間、ステンレス製、鉄製や、外国製のものなど様々な圧力鍋を試験し、調理しては失敗の日々を繰り返しながらようやくたどり着いたのが、この「ジコマチック」だったのです。

 

これなら以前と同じ味を出すことができ、工夫次第ではもっとおいしく仕上げることができそうだ、という確信を持ちました。
「ジコマチック」は、ガラスセラミックでコーティングされた鉄製の圧力鍋で、熱伝導に優れているドイツ製の調理器具です。商品に「鉄釜炊き」とマークの入っているのは、この圧力鍋を使用しているからです。

 

この「調理器具の全面切り替え」という一大事業を成し遂げ、さらに安心・安全な商品づくりへ一歩前進した実感を噛みしめています。
目に見えない “こだわり”ではありますが、これからも言葉だけでない“本質を見極める”姿勢を持ち続けて商品製造に精進していきたいと考えています。

電話する

お問い合わせ